もなかの庭

猫さんたちと暮らすのんびりとした日々


更新お休み

今、ワタシ入院中です;;

外泊で帰って来てますが、明日には病室に戻ります。
本当はサッサと退院する気満々だったのですが、先行き不透明になってしまいました。

退院は、早ければ来週。
遅ければ年明けとなります。
とはいえ、チャンスがあれば外出、外泊で家に帰ろうと思ってます。






気になって仕方なかった猫たちのこと。
ダンナさんが一人で、猫さんもお魚も面倒を見ています。更にはお仕事。
今までと違い、こまめにおうちの様子を見に戻る生活。
頭が下がります><

夜鳴きするんじゃないか、粗相頻発するんじゃないか。
ごはん食べなくなったらどうしよう。
・・・と気になって仕方なかった。
しかし、今のところは普通に暮らしてる模様です。

結局、病室で猫を思ってさびしくしてるのはワタシだけかもしれません。
でもまあ・・・猫が安泰ならいいや。
もし、猫生活の安泰が崩れたら
(病気になったり、怪我したり、ストレスでおかしなことになったり)
その場合は、脱出して強行帰宅する予定。





私の病気は、どうも難病らしく治療方法があるわけではなく、
この先もこのような入院が起こるかもしれません。困ったな。

とりあえず日にちは定かでありませんが、
退院までブログの更新はお休みします。

何かありましたら、
yukimonaka@gmail.comまでご連絡くださいませ。
病室からもチェックしております(ヒマはいっぱいあります(^-^)




by ゆきもなか
別ブログはコチラ「ワタシ的快適ネット生活


|お知らせ|MS|
LINEで送る

新しい武器

戦えないけど。

「ニコンD40」を使ってたのですが、買い換えました。
タラ〜ン。こちらが「ニコンD3100」新しいカメラです。(レンズは標準じゃないです)


見た目あんまし変わりません。
重さもちょびっと軽いくらいでほとんど一緒。



操作が似てるのは山勘でいけていい感じ。

カメラは室内専用です。滅多に外出のお供はしません。
わが家の猫たちを撮るための一眼レフなのです。
床レベルの構えではこのミニ三脚はとても重宝。


レンズごと近寄ってもなかなか視線はもらえません。
「コレなんだろ?」
と思ってもらうための、ネコシール。4個くらい貼ってます。
浅はか・・・でも少しだけ効果あるかも。



赤い矢印の先は「ハンドストラップ」です。
三脚用の穴に取り付けますが、そこに三脚自体も取り付けできます。
家の中ではネックストラップは何気にオジャマ。かぶるのもちょっと面倒。
さらにブラブラしてると、猫さんの視線がレンズでなくストラップへ。汗
手を突っ込むだけで、しっかりホールドできるのですごく便利。


青い矢印は「プラスチックコード」
黄色いクルクルしたコードを、ストラップの出入り口に押し込んでます。
ネコシールではなかなか気を引けないので(涙)このコードが活躍。
ずるずると引っ張り出して不思議な動きをさせると視線もらえたり・・。



たこ足三脚をつけて猫ベッド内へ侵入。
怪しい物体がベッドに入るのを見つけて偵察にやってきたプーシャン


フルHDの動画が撮れるのが買い替えの最大の理由でした。
手で撮るとどうしても呼吸でカメラが揺れてしまう。
このたこ足さんがいれば揺れとはオサラバできるかも〜。

フルHDの綺麗な動画が撮れてすごっく嬉しかった。
綺麗なだけに迷子札の中身までバッチリ撮影できてました;;
対策できるようになったら動画もアップできるかも。
がんばって学ばねば。






お世話になった「ニコンD40」は、お友達のおうちに嫁入りしました。
標準レンズやらクローズアップやら細々とお供につけました。
これからも元気で活躍してくれると期待してます。
今までどうもありがとうございました<(_ _)>




参考までに、現在のカメラで使ってるお道具を並べておきます。
(ワタシ自身の購入先はリンク先とは別です)




[Nikon D3100レンズキット] 55,500円 送料込

近所のキタムラで購入★
価格はこれより高かったけど、
いろいろ付けてもらったので(≧∇≦)b OK





[SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO HSM]
53,200円 送料込

2万円台の新品を楽天で購入したけど、今は売ってないようです。

猫に寄れるマクロは便利。
標準レンズより少し望遠に強いです。
そして標準レンズより明るいのがステキ。







[UV フィルター] 577円 定形外送料無料

レンズキャップをあまり使わないので、フィルターは必須。
猫に激突したり、物にぶつかったり。
ラフな扱いなせいもあり高価なものとは無縁;;






[ハクバ KGP-04]  1,280円

家の中でカメラもってうろつくにはコレがイイ。
高価でオサレなのもあるけれど、
貧乏人にも買える価格で嬉しい。






[トライポッド(一眼レフカメラ・望遠レンズ対応・プロ仕様)] 1090円

ゴリラポッドよりお買い得なので購入。
ゴリラさんを使ったことがないので比較はできない。
稼動部が思ったよりしっかりしてて、
カメラの重さで動いたりしない絶妙の加減。
室内で便利なミニミニ三脚です。





[パタパタとんぼ(赤とんぼ)] 294円

ハンドストラップに詰め込まれたコード。
とんぼさんのプラコードなのでした。
「ちょうちょ」のバージョンもありますが、
何故かわが家では「とんぼ」がヒットです。


瞳のアップを撮る時など「クローズアップレンズ」を使ったりします。
他のレンズは、うーん、好きなのはあるけれど、
レンズ換装は猫毛混入のチャンスなのであまり付け替えしません。

今回レンズキットで購入したけれど、
キットの標準レンズは購入時のまま箱入りです。使わなきゃカビとも無縁★
(ボディ単体でもレンズ付きでも価格がほとんど変わらないのですよぉ)

本日の記事中の写真は全部ケータイ撮影です。びみょーにボケってる。


by ゆきもなか
別ブログはコチラ「ワタシ的快適ネット生活


LINEで送る

ラテアートもどき

DeLonghiのBAR14Nを入手したのが、6月の終わりごろでした。

エスプレッソをなんとか入れられるようになって、次にミルクの泡も作れるようになった。
でも、
当時の泡は洗剤の泡のようなぼわぼわな感じ。
ラテアート用のフォームミルクだって作れるマシンらしいので、
上達したいと地味にコツコツ練習してました。


ラテアートぽい泡が作れるようになりましたです。
なんとなく「ハート」に見えますか?


こっちは「リーフ」の練習。
成功例が無い。汗
手先がダメダメ(手先に限らないけど)なので細かい仕事は難しい。



どんなミルクを作ればいいのか。とか、
どんな風に動かせば描けるのか、とか、
初心者ながら基本の欠片ぐらいは学べたかもです〜。

たとえば「欠片」は、
・BAR14NではOKランプの点灯前に泡立て始め(ランプ点灯中はパワー切れが起こるぽです)MAXのパワーのスチームを継続させる。
・スチーム中、空気を含ませる時間は5秒以内。あとはひたすらMAXパワーで攪拌。
・ミルクは躊躇せず、どかっと注ぐと浮く。
などです。

ワタシ、小心者なのでミルクをちょろちょろ注ぐクセがあります。
そうすると綺麗に浮いてきません。泣







ワタシと一緒にコーヒータイムを楽しむモコさん。

失敗しても成功しても、置いてあるミルクに興味津々。
どうぞ。と生ぬるいフォームミルクを差し出すと楽しげにペロペロ。

いっぱい飲むのかっていうと、数回味わうとさっさと去る。
普通の状態のミルクでも数回味わうとさっさと去る。
好物だったチーズも欠片をいくつか食べたらさっさと去る。
大人になったモコさんは子猫時代(ガツガツ飲み食う)の彼女とは別ネコ。
きっと、ちょっとだけ味わうのが今の彼女の楽しみなのでしょーねー。

結構にぎやかな音がするんです。
エスプレッソ入れる時も、スチームする時も。
大きい音にビビる猫だけに、逃げちゃうかなって思ってましたが、
猫さんは、み〜んな動じないです。
スチームが飛んだり、熱い状態のマシンに触って火傷したらどうしようって私がビビってます。






スチームミルクは、それなりではありますが
満足が得れるようになったので、エスプレッソ作りに励みます〜。
ブレンドしてみようかな。焼き加減も変えてみようかな。いろいろ試してみたいなぁ。
アートも、上手に出来るように時々練習しますです( ´▽`)
(ミルク注いじゃうとエスプレッソの味の違いがよくわからんのです)


関連記事: おうちカフェ

応援クリック、いつもありがとうございます


by ゆきもなか
別ブログはコチラ「ワタシ的快適ネット生活




LINEで送る

つらい記憶の夏

写真は無し。独り言です。





毎日毎日、途方もない命が消えて、数え切れない命が生まれてます。

いつも思う。
消える命の光が空に舞い、落ちてくる命の光が降り注いだなら、
世界は光の雨が上へ下へとどんなに眩しいことだろうと。

そんな風に客観的に想像できない命もある。
思い入れの強い大切な者のそれは、舞い上がらせたくない。
しがみついてでも鎖をつけてでも繋ぎ止めたい。
それでも無理ならば身代わりになりたい。


5年前の8月18日にワタシの大切な子が舞い上がるのをワタシは最後に止めなかった。
引き止めても与えられるものが苦痛しかなかった。
終わりの短いやりとりの時間、ワタシとハルは通じ合えて穏やかだった。
今でもそれでよかったと納得している。

でも、
あの子のぬくもりを失ったこと、二度と声を聞くこともかなわないことは、
時間と共にワタシの中で重く暗雲のような悲しみになり、
悲しみは怒りに形を変えて矛先を探した。
5年経った今でもその燃えカスがゆらゆら炎の形になる。
そして今でも、あの子の動画を見ることは出来ないし、写真を眺めても放心してしまう。




今日、ブログのお友達の「こごろっち」が天使になったことを知った。
突然のこと、まだ7歳の若さ。
元気で可愛く、まんまるの目をした愛嬌たっぷりの坊や。

ここしばらく体調が悪く、自分のブログの更新もいつもに増して滞っていて、
今頃気づいたけれど、28日のことだったそうです。

詳しい理由はわからないけれど、悔しい。
こごさまの未来を奪ってしまったものが恨めしい。
奇跡を起こしてくれなかったのが恨めしい。
彼にその災いを差し向けたものが恨めしい。
何故こごさまだったのか。
どうして奪われなきゃいけないのか。
なんでどうしてなんのために。

驚き、落胆し、悲しくて涙し、ふつふつと憤りが沸き起こり、またひとつ絶望する。
5年前から時々起こる止められないプロセス。



結局、いつ起こるかわからない災いから逃れる術はないようだ。
事故、病気、天災、きりが無い。
ワタシは慈悲深く無慈悲な何かにいつも祈ってる。
「我が猫たちに降りかかる災いを全部ワタシに振ってください」と。
おかげでワタシは次から次へと、難病は見つかるわ具合は悪くなるわ持病は悪化。
それでも猫たちが無事でさえいてくれればいい。



セミの鳴く暑い季節の記憶は、5年前からハルの闘病とその終わりに直結している。
この先はこごさまのまんまるお目目の顔が加わることになるのかな。
ほんとなの??
あぁ信じられない。こごさまの新しい日常がもう見れないなんて・・・。



こごママさんの心中を想像すると胸が詰まる。
言葉にできる励ましはみつからない。

こごママさんは生きています。
生きたかったこごさまの分までしっかり生きてください。
いつか再び幸せを感じることが出来る日がくると信じてます。

こごさま、写真でしかお会いしたこと無いけど、
夢で会いにきてれたら嬉しい。楽しみに待ってるね。


参考サイト: 溢れんばかりの愛情を注がれるこごさまの日常をつづったブログです
Tonkinese Times by こごママさん






by ゆきもなか
別ブログはコチラ「ワタシ的快適ネット生活






LINEで送る