もなかの庭

猫さんたちと暮らすのんびりとした日々


大人っぽい一面も

あるといえばある。


見下ろす視線はちょっと大人ぽい。
レディぽい。



体だって大人ぽいというか、大きいぽい。
特に丸いし、丸いし、丸いし大きい。
大人は大きいから(≧∇≦)b OK





応援クリック、いつもありがとうございます


by ゆきもなか
別ブログはコチラ「ワタシ的快適ネット生活

LINEで送る

眠み顔


怖い顔だけど、眠くて目が据わってるだけで悪意はありません。
ぬくぬく気持ちよく、このまま眠りに落ちる寸前の表情。

怖いけど。




応援クリック、いつもありがとうございます


by ゆきもなか
別ブログはコチラ「ワタシ的快適ネット生活

LINEで送る

ユニの友達

ぬいぐるみのボン兄。(くるねこのカラスボン)

咥えて持ち歩き、毛づくろう面倒見のよさ。
時にはかじるし蹴りも入るけど、基本大好き。




咥えてお気に入りの巣に戻る。




チラ見して様子を伺うユニ猫さん。

この小さな巣は壊されてしまって今では存在しないけど、ボン兄ぬいぐるみは今も健在です。
ボン兄への愛も、少し減少気味だけど建材です。






応援クリック、いつもありがとうございます


by ゆきもなか
別ブログはコチラ「ワタシ的快適ネット生活

LINEで送る

プーシャンの地雷

プーシャンという将来はトラになるかもと密かに有望された猫。
トラではなく家猫として立派な姿に成長したものの、中身は超お子様のパニクり坊や4歳です。



近いところでは、
2012年の夏も終盤の8月の終わりの深夜。
スーパーの袋に頭を自分で突っ込み、頭と型前足にスーパーの袋が引っかかりました。
自分で始めておきながらその事実にパニックになり家中を暴走。
とっ捕まえた時には、右後ろ足4本全爪、左後ろ足2本爪の生爪が完全崩壊。
剥がれ落ちた血だらけの爪が床にぽろぽろ。
抱き上げた彼の足からは血がダラダラ・・・ホラーです。

そのまま深夜営業の動物病院に駆け込み緊急処置していただき帰宅したのが朝の4時。
翌日には近所の動物病院で再診してもらい血のにじむ日々を過ごしたのでした。

いまだに後ろ足の爪は全面復旧していないので、爪きりの手間なし。
完全再生には人間同様、半年くらいはかかりそうです。





年下のユニにも甘ったれまくるプーシャンは激しいビビリのパニクり坊やで中身がお子様です。
でも姿はこのとおり凛々しい!!
このギャップがデンジャラスチャームポイント!

はぁ・・・。


応援クリック、いつもありがとうございます


by ゆきもなか
別ブログはコチラ「ワタシ的快適ネット生活
LINEで送る