もなかの庭

猫さんたちと暮らすのんびりとした日々


ハイテンションプリンス

王子様ネコは、
ちょっと野性味があって、おっとりしていて、ニヒルでタカビー。






何のはずみか知らないけれど、スイッチが入ると別ネコです。


こちら側の何かに反応したらしい。



あ、目がやる気だ。



身をかがめて臨戦態勢。



うっ!お尻フリフリしてる。



ヤバイ。カメラに激突するーっ!

慌ててカメラを離した。そしてやっぱり、激突されました。






あんまり目がまん丸過ぎると、別の生き物に見えます。ちょっとコワイ。

思えば、
王子様ネコと暮らして、初めて猫の目というものを観察したです。
縦の瞳孔というのは、不思議で見慣れないもので、ちょっと怖かった。
時々感じた「怖い」って気持ちは、
自分とは程遠い「なんて美しい目」って気持ちと、
慣れ親しんだ犬とも違う「見知らぬ生き物」って気持ちが入り混じっていたように思う。

当時思った「怖い」気持ちと、目がまん丸過ぎて「コワイ」って気持ちはちと違う。
「コワイ」は、
ガンダムがSDガンダムになるような・・・そんなコワさ。
王子様ネコが、ギズモに変化しそうなコワさ。(なんだそれ)
ウーン・・・・・・書いててよくわかんないや。


おじさんとなった王子様ネコでも、
子猫みたいに真ん丸い目で狙う姿はやっぱり可愛いのです♪
変身しようと、化け猫になろうといいや( ´▽`)



応援クリック、いつもありがとうございます


by ゆきもなか
別ブログはコチラ「ワタシ的快適ネット生活



↓ この★マークに付録してるおすすめ記事は、人によって表示内容が違うようです。
その人の過去の★の付け方からおすすめしてるらしいです。
記事内容を見てるとも思えないし、過去の評価って他サイトも含めて??よくわからん。
LINEで送る

ハエ強し

しかし、ワタシはもっと強し('-'*)フフ

ふと気づくと、すっごい集中して一点を見つめるプーシャンがいた。


見つめる先は、天井の照明。


あ。
ハエだ・・。









どうしよかな。捕まえようかな。と悩むうちにハエくん移動。
付添い人(プーシャン)も一緒に移動。


飛びついた!!


きれいに空振り!
繰り広げられている舞台は、天井の廻り縁そばで地の利はハエくんに有利。


でもプーシャンはちっともくじけない。
逃げたハエくんの行方を探す。

なかなかのハンター魂。
ハエくん捕獲は少し先延ばしして、ハンターらしさを見学することに。
(捕らえられないと見切った。ともいう)












ハエくんの移動先にプーシャンがスタンバイ。


しばらく眺めるもハエくん寄ってこない。


ならばと、無理を承知(風)に手を伸ばしてみたプーシャン。

ハエくんだって命掛かってます。
危険地域には入らず間合いの外に留まります。そりゃそうよ。





物音に気づいたモコさんがやってきました。
プーシャンの横に並びます。


二人の熱い視線が注がれ、ニャカニャカ合唱が始まりました。



この後もあちこちに移動しながら二人頑張りました。
でも、二人とも散々な狩り成績です。
ヒットすらなし。
意欲は買うけど、修行が足りないね。修行されても困るが・・・。


さて。
ワタシはツール(スーパー袋)を使って二人の果たせなかった「ハエ捕獲」を実行しましょー。

照明そばにハエくんを誘導。
椅子に乗って、
スーパーの袋を広げ、
バサっとかぶせて、
はい、完了っと。

2猫 ハエくん ワタシ('-'*)フフ (対猫で勝ち誇る悲しいワタシ)



二人にはハエの行方が理解できなかったらしく、
しばら〜く部屋の天井付近に視線を這わせて探していました。
ハエくんは野外に放流されました。
めでたしめでたし。


応援クリック、いつもありがとうございます


by ゆきもなか
別ブログはコチラ「ワタシ的快適ネット生活


「FC2の拍手」ボタンを使い始めたけど、
やっぱりやめて(ウィンドウが開いちゃうのがちょっとイヤで・・)
Outbrain Ratingsさんの★で評価するツールを設置することしました。
過去の記事にも付録してます。
ページを更新することなく、表示の変化が確認できるのはイイ感じ〜♪

↓ ここに出てくる「★」を選んでクリックなのです。気軽にどぞ( ´▽`)
LINEで送る

二段ベッド?

椅子の下に転がり猫さん発見。
ひっくり返って見つめるプーシャン
まどろみ気分でご機嫌な様子。







お腹の毛がもさもさもふもふ。
お腹の毛がモフモフのプーシャン

足を開いて涼しげ?です。

仰向けごろんごろんプーシャン
プーシャンは猫なのに騒々しい。
ゴロンゴロンしながら、あっちにごつん、こっちにごつん。
走ればドタドタ。飛び降りればドスン。








うねうねするプーシャンは椅子の下。
椅子の座面(上段)にはモコがまどろみ中。
上段モコ。下段プーシャン
モコは椅子に登ってくつろぐのが好き。
プーシャンは椅子の陰でカーテンに隠れながら外を見るのが好き。
奪い合いにならないのがgoodです♪






寝転がりながら、外を見上げていい気分なモコお嬢さま。
うとうと外を見上げるモコ

しかし階下ではドタバタ、椅子の足にも何かが激突したり・・・。

顔を隠すモコ
うーん。と顔を隠してしまったモコでした。
鬱陶しいんだろうな。
でも、相手は子供。仕方ない。
モコさんの脳内ではプーシャンはまだまだ子猫ぽい)







何にも気にせずベローンと毛繕うプーシャン
ベローンと毛づくろいプーシャン

ぺろぺろから、はぐはぐに変化。

肉球をはぐはぐするプーシャン

鼻にしわがよるほどしかめて頑張る。

はぐはぐの真剣度が増すプーシャン

仰向けでは力も入らず集中できないらしい。
本日はやけに熱心です。

やっぱり起き上がるほうが集中できるらしいプーシャン

起き上がって大真面目にしかめっ面。
右手も左手も、満足するまでしかめっ面ではぐはぐしてました〜。


web拍手 by FC2



猫さんって「爪噛み」しませんか?

モコはほとんどしないんです。肉球を舐める程度でしかめっ面もなし。
プーシャンは肉球はぐはぐの繋がりで時々、少し噛んだり引っ張ったりしてるぽいです。

王子様ネコは真打。
噛みまくりです。
あまりしかめっ面にはならないけれど、爪を壊す音が聞こえます。
(「ガリっ」とか「バキっ」とか)
爪を見るとたいていは、先端が砕けて強度を失いやわらかくボサボサになって、しかも千切れてる;;


なんでそこまで噛むかなー。
小さい時からやるので「悪い癖」ってものかもしれません。
それとも何か重大な理由があったりするのだろうか。



応援クリック、いつもありがとうございます


by ゆきもなか
別ブログはコチラ「ワタシ的快適ネット生活




LINEで送る

魔法の引き出し

シンクの引き出しの最下段。
そこは、ねこ様アイテムの引き出し。

ブラシや過去のお薬やコロコロなども格納されてます。
キャニスターに入った「食べレバー」もここに収められてました。

王子様ネコの大好物だった「食べレバー」ですが今は入手が難しく、
しかも、本人も趣向が変わったのかあまり食べたがらなくなりました。



長年の習慣からか、王子様ネコにとってこの引き出しはおいしいものの引き出しなのです。
キラキラな目の王子様ネコ
引き出しの前で佇み、
キラキラした目で おいしいもの〜 と訴える王子様ネコさま。


そこにはもう君の好物はないんだよ。と説明(わかってるかどうかは謎)
しゅんと肩を落とす王子様ネコ
ちょっと寂しげに肩を落とす。
ゴメンよ〜。

引き出しを開けて確認させても納得は出来ないようです。
しかも、ガッカリしたわりにはさっさと退散。
んでもって、数日後にワタシを引き出しまで誘い、キラキラして訴える。
この行動は・・・エンドレスに続くらしい。


web拍手 by FC2


暑いのはものすっごい苦手。
苦手の上に持病で体温上昇は禁忌になったので、日中は篭って暮らしてます。
(普段と変わらんじゃん。)

外の猫さんたちは暑さにうだり、働く人は溶け崩れそうになりながらがんばってる。
日々、申し訳ない気持ちが増大中。

お日様を遮る雲が出て、広くゆるいにわか雨を降らせてくれますよーに。
どしゃ降りはダメよ。


応援クリック、いつもありがとうございます


by ゆきもなか
別ブログはコチラ「ワタシ的快適ネット生活




LINEで送る